「スプレッド」とはFX投資は通貨ペアをトレードして差益を得る投資です。簿記2級勉強方法

トレードの値は、常に変化しています。福岡 脱毛

それが為替レートです。男 陰毛 脱毛

インターネットを見ているとドル円やユーロ円のニュースが流れます。

よく見るのが「ドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを提示しています。

別の言い方をすると、外為取引には買いと売りの両方の価格が存在します。

売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX取引会社もあります。

平常時には売値が低く設定されるものです。

現実に買値は高く、売値は低くなるものです。

この差をスプレッドといいFX業者の収益とされています。

スプレッドの差は会社によって変わります。

スプレッドの幅は経費になるので小さいFX会社をピックアップするほうが優位です。

ただし、同じFX会社でも状況によってスプレッドの狭さは広くなったり狭くなったりします。

例えばドル円のペアでわずか1銭のスプレッドの狭さとは言っても相場の変化がかなり大きい場面では大きくなったりする状況があります。

ですから、スプレッドが狭いのと変わらない事が必要です。

この頃では固定したスプレッドの狭さを提示する取引業者もたくさんあります。

実際に取引会社の注文画面内で実際のレートを調べなければわからないのでやっかいですがとても大事な事です。

多額の財産を投入して売買をするのだから、本当の注文の前に魅力的に思えたFX取引会社の新しい口座開設を全部して示されているスプレッドの狭さを見ておきましょう。

同じ通貨でも、そのタイミングの相場のボラティリティによって、通貨のスプレッドの差は変わります。

一般的には、インターバンクマーケットで流動性の高いペアではスプレッドが狭くそれ以外の外貨では広くなる事が多いです。