一般にはクレジットカードの上限が自身がよく支払うよりもゆるくしていると私たちは余裕があると勘違いし考えることなくクレジットカードを使ってしまったりするようですね。

カードへの過度の依存を軽減する目的でカードの最高額をできれば低めに申請しておこう・・・というのが、これから提案する本文の主旨となります。

月の限度額を下げる方法:クレジットカードの上限額の引き下げには月ごとの限度額の引き上げことと等しく、いたってシンプルです。

利用カードの後ろにあるコールセンターに連絡して「限度額の引き下げをしたいです」のようにエージェントに向けて指示するだけです。

おおむね現状の限度額より低いのであれば時間のかかる審査もなく簡単に限度額の引き下げが可能となります。

カードの限度額をセーブしておくのは防犯にも繋がっている▽クレジットカードの上限のコントロールは、自分をコントロールできる等のメリットは言うまでもなくセキュリティとも関連があります。

あなたのクレジットカードが悪意のある人物に勝手に使用されてしまったような場合でも日頃から手持ちのカードの限度額を少なく決めておけば損害を最小限にすることも可能なためです。

強調しておきたいのは、偽造されるようなことになった問題が発生してもクレジットカードの使用者に重大な違反が確認できない限り盗難保険として知られるカード保険があなたを助けてくれるわけだから心配はないわけですが、1%の可能性のために設定が高いならば月ごとの限度額は低くしておくなら安心でしょう。

使いもしない上限額はデメリットにすぎません。