自己破産の申立てを行っても公的な機関から近親者にダイレクトに連絡がいくことはあり得ません。コンブチャクレンズ

それを真に受ければ、家族や親族には露見してしまわないように自己破産申立てできないとは申しません。太陽光発電クレーム

ただ現実問題として自己破産というものを申し立てるときに裁判所から一緒に住む家族の月給をつまびらかにする書面や銀行の預金通帳の複製等といった書類資料の提出を余儀なくされるということがありますし借りた会社から家族や親類へ催促が来るなどということもままありますから、家庭に内緒で破産の申告が行うことが可能だという確証は望むべきではないと思われます。宅配クリーニング

親族に隠匿して後になって秘密がばれてしまうことと比べれば、はじめから誠実に真実を打ち明けて家庭のメンバー全員が協力し合って破産の申立てを切り抜ける方がよいでしょう。おいしい梅干し

しかし、同居していない家族においては、自己破産の申告をしたことが気付かれてしまうようなことはひとまず心配する必要はないと理解しても良いでしょう。http://hirohirocoin.blog.fc2.com/

妻(夫)の賠償義務を消失させることを主眼として離婚を検討する早まったカップルもいるようですがまずたとえ婚姻関係を結んだ間柄ということであっても法的には本人が書類上の連帯保証人になっていないならば法律の上では支払い義務は発生しないのです。リンクス 川崎

ですが書類上の連帯保証の名義人である場合は仮に離婚を行っても法律上の責務に関しては引き続き本人が負わなければいけないので法的な支払義務があると考えられます。テサラン 解約

つまり、別れることを実行したからといって未返済金などの債務の支払義務が消失するといったことは認められないのです。シングル マザー 仕事 求人

さらには、現実として消費者ローンが債務をもつ人の近親者に催促をしてしまうケースもありますが保証人又は連帯保証人でないケースであれば子供と親ないしは姉と妹の間などという類いの家族や親族間の未返済金などの債務などについて当人以外の家族や親類に法律の上では支払い義務はありません。コーヒー 通販

そもそも貸し主が法的な支払い義務を負っていない家族や親類などを相手取って支払の督促をするのは貸金業規制法に関する行政の業務規則の中で禁じられており、請求の手段にもよりますが請求の基準に違反することにもなり得ます。肌ツルケア

従って法的な支払義務を請け負っていないにも拘らず破産者の家族や親類が支払の督促を不当に受けたという事実が存在するようならば債権を持つ会社に向け督促を直ちにやめるよう通告する内容証明の書類を送ると良いでしょう。

人によっては債務をもつ人本人のことが可哀想だからと思うが故に当人以外の親族が代理となって支払うようなこともありますが本人がそれに自立の心を忘れて持続的に借金のトラブルを蒸し返してしまうことがよくあります。

という訳ですから、本人の気持ちを斟酌したら血も涙もないようですが借りた本人自助努力で貸与されたお金を返済させるか、そういったことが非現実的であれば自己破産の申し立てをさせる方が借金を持つ本人人生を全うするためには良いと思われます。