予期せず、不意に起こるのが自動車事故です。この場面でどんな対処したかにより保険金の受け取り額も変わってくる場合も想定されますので判断力と対応が重要です。予想外のアクシデントに遭遇して慌ててしまったとしたら大事な事を見逃してしまいそれから己が大損を受ける場合も考えられるので乗用車の事故を起こしたケースは適切に次に記述した作業をします。車の事故の遭遇した場面でまずすべきなのは負傷者の有無を確認する必要があります。後すぐは頭の中が真白になってショック状態になってしまう時があり直ちに対処できないのが現実です。怪我をした方がいたら安全な場所へ運んでできる限りの手当を施し、周囲に助けを求める等人命救助の最優先を心掛けましょう。119番に電話をする場面では正しい事故の場所を伝え、良く分からない場合は近くの有名な建造物や地点を伝えて場所が分かるようにします。その後に110番に連絡し、車の事故を起こしてしまった事また状況を話します。救急車とパトカーが来るのを待つ内に負傷者の事をチェックします。姓名、免許証、車のプレート事故相手の保険会社名等それぞれの内容を伝えます。その場面で事故の相手方に非が存在する場合は、その場で片付けようとすることが存在しますが即刻処理するのではなく、どのような状態であっても警察や保険屋さんに報告して、調べてもらうようにしましょう。各々の連絡先を教えたら他の車の妨げになるのを避けるために妨げとなる物道から除去します。仮に障害になる物が自動車の障害物となっている状態では、相手と自分の情報交換をする以前にこの対応を行うことは大丈夫です。その次に自身が入っている車の保険会社に電話をして車での事故が起きた事を知らせます。交通事故から特定時間の時に保険会社に電話しておかないと、保険の適用除外にされる事態も想定されますので速やかに電話をすることが欠かせません。可能であれば事故の証拠になるようにカメラや携帯電話のカメラ等を用いて事故の現場や車の破損状態の写真を撮っておきます。この証拠写真は過失がどのくらいあるのか決定するとても重要な役割となりますので自らの自動車や先方の乗用車の壊れた箇所を正しく写真に残しておきましょう。この場面で目撃者がいたのなら警官や保険会社が着くまで事故現場にそのまま待機してもらえるように求めることも忘れてはいけません。