自動車保険には読者の方もご存知だとは思いますが通称「等級」というランク付け存在します。省略せずに書くとノンフリート等級別料率制度という名で、掛け金にかなり大きく影響しています。等級によって、クルマの保険加入者の公平さを目標とするため、トラブルを発生させる、車の損害保険を適用される確率がより高ければ高いほど保険の掛け金が値上げされます。事故を起こす確率があまりなく車の損害保険を使うことはないだろうと認められる加入者は危険度の低い保険利用者であるだろうと認定され、掛け金が低額になります。安全に運転している加入者の方が有利な決まりには違いないのでアクシデントを生じさせやすい被保険者には多少不利な機構だといえます。リスクの低い利用者と事故のリスクが高い保険利用者の掛金が同額だと公平でないと思ってしまう人が多数であるため、保険の提供側側からしても損を押えるために何が何でも欠くことのできない仕組みだと考えられるのです。さて、等級という仕組みが具体的にはどんな制度なのか具体的に明らかにさせていただきます。最初に等級は1等級から20等級まで定められ、被保険者の等級が増えるごとに掛け金が安価になる機構になっているのです。さらに、1等級より3等級までは低廉にならず、反対に値段が上がり、交通事故を生じさせてしまい自動車損害保険を適用すると3等級低くなってしまい一層負担が大きくなった自動車保険を振り込んでいくことになってしまいます。第三にまったく初めて加入する場合においては6等級という位置からの始まりとなり、その級から自分の数が低くなるのか増えていくのかは保険利用者の心がけ次第です。そのため月々の掛金を低くしたい運転手は事故を発生させないように日々余裕を持った運転に気をつけるのが一番大事だといえるでしょう。