車の買取査定の留意点として重要視されるひとつに走行距離などがあげれられます。多くの場合走行距離イコール自動車の寿命と考えられるケースもありますので、実際の走行距離が長いとそれだけ査定の際にはマイナス面になるでしょう。普通は走行距離そのものは短いとそれだけ自動車査定額は高くなりますが、実際は細かい基準はないので一定のベースラインで査定額が決まります。こうしたことは実際、中古車を中古車業者で売買をする際も重視される重要なポイントです。例えば、普通車では年間標準走行距離1万キロで線を引いてこれ以上走っていると多くの場合マイナス査定の要因となります。軽自動車では、年間8千キロがまた年数の割には走っている距離が相当短いケースでも、売却額が高額になるとも一概には言えません。実際、実行したらよく分かりますが、車はある程度乗ってあげることによっても車両のコンディションを維持しますから走行距離が少ない中古車の場合破損のリスクが大きいとも考えられる場合もあります。これは中古車も同じことです。一般的には年式や走行距離に関しての査定の要点は、年数と比べて適正な走行距離かどうかという点です。また車の年式も中古車査定の大切な注意点です。十分に理解しているといったかたがたくさんいると思っていますが、通常は年式に関しては最近であるほど査定では優位なのですが例外としてその年式の車に希少価値がある車は、新しくない年式であっても高値で査定されることもあります。、同様ブランドで同じ年式でもその年式の中でモデルチェンジや仕様変更などがあった車は当然、それぞれの場合で査定は変わってきます。全く同じ自動車を手放す金額と言っても様々な要因で車の評価は大きく変化してきます。